'; ?> プロミス審査はこれで決まる!
MENU

プロミス審査はこれで決まるポイントとは?

プロミスでのキャッシングを検討される方にとって、審査がどのように決まるかが知りたいところですが、プロミス融資の否決、可決審査は、年齢をはじめ収入、職業、勤続年数、借り入れ状況、事故歴等を基本確認し確定されます。

 

ですから、はじめてのキャッシング、勤続2年、年収250万円と言う場合、確実にプロミスの融資申し込みは可決されます。仕事もまじめにやっていると考えられますし、収入も高いというわけではありませんが、安定しています。

 

 

尚且つ他社の借り入れも0と言う事で、融資申し込みは確実にこの例の場合はOKとでるでしょう。


プロミスの審査は、基本的に「収入の安定性」「職業と年数」「借入の状況と事故歴」等を確認しますので、比較的無謀な借り方をしていなければ、審査が通らないと言う事はありません。

 

プロミスでの審査で借入内容がいいとされるのが、やはり正社員で勤めており、収入も安定していて、借り入れ状況も問題なく、事故歴が無いと言う事です。

 

こうしてみるとプロミスの審査内容は特別難しくはなく、ごく当たり前の審査内容で終了しますので、キャッシングがしたいけど不安と言う方も問題なくスムーズに審査が完了しますので、申し込みを検討されるべきですが、他の会社に借り入れしていて、今は収入も安定しないけど、今月ピンチだから、プロミスへ申し込むと言う場合は、プロミス審査は先に紹介したように、「安定した収入」や「他社の借り入れ状況」「勤続年数」等が審査されるので、難しくなります。

 

プロミス融資の審査内容は、他金融業者、クレジットカード会社共に同じで、基本的な審査内容なので、難しく考える事もないですし、不安に思う事もないですが、融資を受ける場合は、やはり確率的にいって職業も安定している職業であり、収入も安定していて、借り入れ状況や属性もよいと言う事が審査可決のポイントとなります。

 

ただしこれは、先程から言うようにプロミスに限らず、お金を借りる、カードを作る、いずれの場合の申し込みでも同じですので、カードを作りたい、融資を受けたいと言う場合は、審査内容の認識はある程度心得ておく事が大切です。

 

例えば、勤続年数が短いは、職業を転々としている事を連想させ、収入が不安定である事を連想させます。

 

また、そうなると返済能力も危ぶまれますので、こうした方の場合は、プロミスキャッシングをはじめ他金融業者でも借り入れは非常に新規といえども難しいと思います。

 

仮に他に借入が無く初めてのキャッシングと言う場合でも定職につかれないと言う事は収入の安定性もないと考えられるので、嫁に内緒でキャッシングしたい時や厳しいと考えるべきですね。

2017/02/01 22:54:01 |
来月早々に、いとこの結婚式があります。小さい頃から姉妹のように育ったいとこなので、是非とも結婚式には参列してお祝いしたいと思っています。ですが、いとこの結婚式は海外ウエディングのようでハワイで挙式予定との話です。フリーターの私にとっては、ハワイまでの旅費はあまりにも大きな出費です。親族分の旅費や宿泊...
2015/10/29 21:51:29 |
いつも通りの買い物が出来ない毎年、年越しの準備と言えば大掃除と大量の買い出し作業。掃除は、日々汚れたら掃除を行う様に努力しているのでそれほど大変ではないのですが、寒い中で行う浴室や窓ふき等の水仕事はやはり辛いですね。買い物は、普段の食事にプラスして年越し蕎麦や新年のおせちの準備があります。時間と店頭...
2014/11/09 01:26:09 |
楽天銀行のハッピープログラムはお客様を利用状況に応じて様々な特典を付与するサービスです。ハッピープログラムでは4種類の特典を用意しております。お客様が楽天銀行を利用すればするほどに会員ステージが上昇していきます。ステージによってATMの利用手数料が無料になります。会員ステージが上昇すればその分、一か...
2014/03/05 10:49:05 |
今日の朝いきなり彼女から、暇になったから今夜デートしようよ、といった旨のメールが届きました。しかし、私は現在給料日前であり金欠なのです。折角の久々の彼女からのお誘いですので、断ってしまったら可哀相ですし私も毎日仕事ばかりしているので、この辺りで彼女と遊んで羽を伸ばしたいです。大好きな彼女と遊べるので...
2014/01/12 13:06:12 |
カードローンも注意をして使わなくてはいけません。カードローンを利用している人では、借金をしている感覚がなく利用をしているような人もいるみたいです。だから、知らないうちに借金がふくらんでなんて事になってしまうみたいなのです。なので、私はそうはならないようにしていかなくてはいけないなと感じました。私は、...